Profile

 

アメリカ・ボストンの大学にて心理学部

バイオサイコロジー学科卒業
マックレーン精神病院でのインターン研修
心理カウンセラー

産業カウンセラー
ヒプノセラピスト
解決思考セラピスト
キネシオロジスト(International Kinesiology College)
IH(インテグレイテッド・ヒーリング)プラクティショナー* 

ウェルネス・キネシオロジー プラクティショナー*

ブッシュフラワーエッセンス プラクティショナー*

International Academy of Classical Homeopathy

Essential Homeopathy Certificate by Dr. Rajan

 

(*オーストラリア・キネシオロジー協会承認)

 

 

 

 

私が将来心理学を勉強するのだと心に決めたのは 小学4年生の頃でした。

 

今思えば、それは誰かを助けたいとか癒したいとか そんな事ではなくて、

 

自分自身が助けを求めていたからでした。

 

まだ子供で、何もできなくて、何をどうしたら良いのかも分からず、

 

ただひたすら大人になったら自由になるんだと、

 

当時は それだけを心の支えに生きてきました。

 

厳しいミッションスクールでは、私の「個性」を良く思っていただける事はなく、

 

そんな学校に幼稚園から通った私にとって、

 

高校を卒業した時の開放感は忘れられません。

 

 

みなさんはどんな幼少時代を過ごされてきましたか?

 

どんな思いで毎日を過ごしていたか覚えていますか?

 

どんな言葉に傷ついたでしょうか?

 

どんな出来事が悲しかったですか?

 

 

今現在生活している中で、怒りや不満など

 

さまざまな感情を抱いていると思いますが、

 

その感情は幼少時代の感じ切れなかった思い、

 

癒されていない感情のぶり返しのケースが多いと知ったら

 

どう思われますか?

 

そんな昔の自分にもう一度会ってみませんか?

 

今の自分だからこそ、解決することが出来るのかもしれません。

 

その時本当の癒しが、そして 心の平安が訪れます。

 

アルーナ暁子