手軽にアーユルヴェーダ


スリランカで


定番のお手軽アーユルヴェーダと


言えば、Samahan サマハン


スパイスティ。


封を開けると



柑橘系+ほのかなスパイシーな カレーっぽい?? 匂いがします。


14種類のハーブやスパイスが配合されています。


ブラックペッパー

ロングペッパー

シリテーク

イエローベリードナイトシャイド

ジンジャー

クミン

ジャヴァガランガル

ウィッシュヌクランティ

パッパーダガム

コリアンダー

アジョワン

ファルスカルンバ

リコリス

アダトダ


日々の健康維持にそして、風邪の初期症状に飲むと良いそうです。


一箱の値段は忘れてしまいましたが、兎に角安かったです。


何処のスーパーに行っても、一番目立つところに


山積みになっていました。


最初、お湯に溶かして飲むと知らなかったので


封を開けてそのまま、顆粒薬を飲むように 喉に流し込んだら


スパイスが喉に当たって、カーッと爽快に熱くなりました。


そして身体にもじんわり来ます。



本当に初期の風邪の症状には有効ですが、


すっかり風邪を引いてからは、一袋では足りないです。。


因みに、このサマハンはスリランカの人に愛されて


100年以上の歴史だそうです。



そして、スリランカのアーユルヴェーダとインドのアーユルヴェーダでは


種類が違うから、効き目も違うんだ! 


とハーブ園の方が力説されていたのが印象的でした。