フラワーエッセンス作り

先日、オーストリアン・ブッシュフラワーレメディの設立者である

 

イアン・ホワイト氏のフラワーレメディ作りに参加してきました。

 

お花なら、どれでも良いと言う事はありません。

 

きちんと、お花とチューニングし、お花がフラワーレメディに

 

使って良いかどうかを確認して、「是非レメディ作り使って下さい。」

 

と発信しているお花のみ使います。

 

お花を摘ませて貰う時も、人の手が直接触れることのないよう、

 

お花の茎や葉などを使って摘みます。

 

その後 写真の様に、ボウルにお花で一杯にして 太陽の元

 

3-4時間かけてお水にお花のエネルギーを転写しますが、

 

この準備をする時も、またお花を水からすくい上げる時も、

 

ボウルに自分の影が掛からないように注意します。

 

いざお花を探そうとしても、なかなかピンと来る


お花に出会えず、私ちゃんと分かるのかなぁと


不安だったのですが、そのお花を見つけた時は、

 

確かにメッセージを発している事が直ぐ分りました。 

 

私は昔から勘が良かったし、UFOを一回だけ


見たこともあるけれど、それでも全然メルヘンタイプ


ではないし、スピリチュアル系の人が多くみる

 

エンジェル達とか妖精とかも見た事は全くありません。

 

なのに、そのお花を見つけた時確かに分かりました。

 

これが、お花とのチャネリングなのだと知りました。

 

 

いつか言葉の整理が出来た時に、私が以前全身麻酔中に

 

魂の世界を体験したことを 書ければと思っていますが、

 

その時と同じ感覚を得ました。

 

とにかく涙が溢れて止まりません。

 

きっと、目に見えない事、非科学的な事を信じられない人は

 

私はちょっとおかしい人なのかもしれません。

 

でも、そんな人にこそ考えてみてほしいのです。

 

あなたは何をもって自分を証明しますか?

 

何があるから「わたし」なのでしょうか?

 

今ここで目を閉じて、自分を感じてみてください。

 

確かに自分が目を閉じると、「わたし」と言う感覚は体感出来るでしょう。

 

でも、それをどう他の人に分かって貰えるでしょうか?

 

例えを変えます。

 

あなたは今赤い色を見ています。

 

では、その赤い色を 赤い色を全く知らない人に

 

どう赤だと説明し、証明出来るでしょうか?

 

リンゴの赤だと言ってもその人はリンゴが赤いのを知りません。

 

バラの赤色も知りません。

 

もし世の中の人がみんな、赤色を、いや

 

もしも人類が色そのものを知らない世界であったならば、

 

あなたが赤い色を認識する事は可笑しな事であり、

 

誰も信じてくれないでしょう。

 

あなたの脳にしか見えないのならば、脳の障害とさえ言われるかもしれません。

 

でも、確実にあなたには色が見えるのですね。

 

それが、みんなに伝わらない。

 

ちょっとスピリチュアルな人たちはきっとこんな

 

もどかしい思いをしている事でしょう。

 

なので、そんな様な事が もしかしたら世の中にはあるかもしれない

 

とだけでも思って頂けると嬉しいです。